声を使う仕事(俳優、声優、アナウンサー、ナレーター、タレントなど)を志す人を対象にした、スカイプを使って行う「オンライン ボイスレッスン」です。
また、就職活動や会社でのプレゼン等、上手く話せるようになりたい人・コミュニケーション能力を高めたい人のための声相(Q&A参照)向上コースもご用意しました。
声が変われば、人生も変わります。ぜひ理想の声を手に入れて、夢の扉を開きましょう!

★ 時間効率

例えば専門学校など、平均的な20人でのレッスンの場合、90分のレッスンでも1人当たり3分前後の時間が精一杯です。 しかし、これが60分の個人レッスンであればおよそ30~40分もの時間をとれ、1回のレッスンで数回分以上のレッスン効果を期待できます。

★ レベルに合わせた効果的な指導

個人、または2~3人という少人数のため、きめ細かな指導ができます。大人数の場合、どうしてもレベル(到達度)にばらつきがあり、無駄な時間がたくさんできてしまいます。
また、カメラを使うことにより、口の動きや表情といった、声を出すことに密接に関係するポイントも指導できます

★ 時間と交通費の節約

自宅でのレッスンのため、移動の時間と交通費が節約できます。また忙しい方でも、空いている時間を有効に使ってレッスンが受けられます。時間はお金では買えない貴重なものなのです。

★ 地理的デメリットの解消

インターネットの環境さえあれば、近くにレッスン場がないなど、地域差を解消できます。全国どこに住んでいても同じレベルのレッスンを受けることができます。
特に地方にお住まいの方で、将来プロを目指している人にはオススメです。「お金が貯まってから…学校を卒業してから…etc.」と考えているのはナンセンスな時代になりました。将来夢を実現するライバルは、この瞬間もどこかで努力をしています。

★ 無駄のないチケット制

個人レッスンの場合、無駄ができないチケット制を導入しました。お得な割引チケットも用意しています。
大人数のレッスンでの一回あたりの料金と比べてみて下さい。専門学校などの一回あたりのレッスン料も実は非常に高いものです。ただ、各種養成所や専門学校では強力なコネクションを得られる事もあります。コネクションにお金を払っていると言っても過言ではありません。しかしコネだけではなかなか成功に結び付かない世界でもあります。お金だけでは買えない「実力」という鎧を、何としても手に入れましょう。

★ 入会金不要

入会金が無料なので、気軽にレッスンが始められます。またデータファイルとして配布する教材につきましても料金は無料です。

★ ライバルに差がつく

人と同じことをしているだけでは、競争社会である芸能界では生き残れません。ダブルスクール、トリプルスクールはあたり前の世界です。
また養成所や専門学校に通う前に基礎レッスンを受けることで、ライバルに差がつきます。習い事、特に芸事は早く始めた人が有利なのです。養成所のオーディションを目指す人は、特待生、即デビューを目指しましょう。


 毎年多くの若者がタレントやアナウンサー、俳優、声優を目指して、専門学校や養成所に通うために大阪や東京に出ています。しかしながら、その大半の人達は演技や声のレッスンを受けたことがない初心者です。もちろん誰でも最初は初心者ですから、当然のことなのですが、それでは簡単にプロへの道は開けません。
 デビュー出来ればプロになったというのであれば、養成所に通う何人かに一人はプロになれるのかも知れません。しかし、デビュー=職業ではありません。その距離の差は測れないほど遠く、大きな隔たりがあります。私の経験からの大雑把な数字ですが、専門学校や養成所に通う人達の中から、その夢を職業に出来る人は100人に1人いるかいないかです。一説には、需要(芸能界のキャパシティ)と供給(プロを目指す人)との差は、300~500倍以上だといいますから、いかにプロへの道が狭き門であるかが分かると思います。そんな競争社会の中では、たとえ未経験者であろうともスタートラインが平均以下では厳しいと言わざるを得ません。
 プロを目指す人の中には才能に恵まれ、初めからプロで通用する人も存在します。声を出す、演技をするということは、特殊技能ではありませんから、日常の生活環境などによっては、そのように最初から出来あがっている人がいてもおかしくはないのです。そんな人達と競争していく為には、レッスンを受ける時期が早いに越したことはなく、専門学校や養成所の門をくぐる時には、少しでも順位を上げておくことが必要なのです。まして、その養成所が芸能事務所の直轄であれば尚更のことです。なぜなら初心者であっても下手な所や欠点を見せれば、そのイメージは講師の先生や事務所の人達になかなか払しょくしてもらえないからです。少数ですが、短期間で飛躍的に上達する人もいますが、大多数の人は悪印象を挽回するまでに多くの時間を費やし、その間に気持ちが萎え、夢を諦めていくのです。目的の業界に近い場所でレッスンを受けようと思っている人はこのことを良く考えてみて下さい。
 例えば、運動の経験がなく、ボールを握ったことがない、おまけに体力も自信がない、そんな25歳の若者が、野球選手になりたい夢を諦めきれず、誰でも受けられる入団テストがあるとして、それにチャレンジするのは無謀だと思いませんか? もちろん、野球は特殊技能に入りますし、現役の時間は短いでしょうから、俳優や声優と一緒にして考えてはいけません。才能を見込まれればゼロから事務所で育ててくれることもあるでしょう。
 しかし、今の私であれば、ある程度レッスンを受けたり、自助努力をして、才能や可能性が少しでもあるように他人の目に映る自信がついてから、業界の門を叩きます。実際に私は地方出身で訛りがとれず、あがり症で才能のなさを自覚していましたから、レッスンではできるだけ欠点を見せず、良い所を出そうと努力をしました。この考え方は年齢が上の人ほど大切です。この業界に年齢制限はありませんが、30歳の初心者が18歳の初心者と同じレベルでは、その印象・可能性は講師の先生や事務所の人達の目にどう映るでしょうか、想像してみて下さい。若い人はもちろんですが、遅くからプロを目指す人達ほど、欠点を晒しても問題のない、今後に影響のない場所でのレッスンが必要だと思いませんか? 残念なことに…本来であればデビューを、仕事を頂かないといけない場所で、多くのレッスン生が自分の滑舌の悪さや表現力の無さなど、マイナスアピールを一生懸命にしているのです…。
 大人数のレッスンばかりを受けて実力が伸びない人、本気で声のプロを目指す人のスタートダッシュを「On Air」はサポートします。そして一人でも多くの人の夢の扉が開かれることを心から期待しています。